記事の詳細


闘争心をかきたてる巧みに水を配したチャンピオンコース

【コースの特徴】
京都冷泉家の旧天領であり、多くの歴史と伝承を受け継ぐ丘陵地に広がる気品ある18ホール。
緩やかなスロープと池が適度にミックスされたレイアウトは絶妙で、プレーヤーを飽きさせない戦略性の高いコース。
特に18番ホールは池が大きくグリーンにくいこみ難易度を高くしている。
グリーンはベントだが、2段グリーンなどアンジュレーションがきつくホールアウトまで気が抜けない。

1990年代には、男子トーナメントが開催されるなどチャンピオンコースの要素も備えている。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年6月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る