記事の詳細


雄大な自然に囲まれ、その自然を一望できる高遊原台地。
そこに位置する当クラブのコースは、全体的にフラット。スコアアップのポイントは、
ミドルホールを上手にまとめることです。アウトは林間丘陵コースで、
やや起伏にとんでいます。

特にグリーン周辺はクセもので、腕の見せどころです。インはかなりのフラット。
フェアウェー中央へのティーショットが重要なカギといえます。

ぜひとも堪能していただきたい名物ホールは1番と16番です。
熊本市街を見渡せる打ち下ろしの 1番ホールは、油断大敵。左右OB、
極端な受けグリーンなど、慎重なクラブ選択を要します。
また、道路沿いに広がる16番ホールは、目の前に伸びたストレートホール。
精神的にプレッシャーがかかる手ごわいホールです。

巧みにコースレイアウトされた全18ホール、四季折々に素晴らしい表情を見せる自然。
そんな中で、心ゆくまでプレイをお楽しみ下さい。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年6月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る